上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパムサイトと相互リンクの注意点

インターネットをしてるとスパムという言葉を聞いたことがあるんちゃうやろかぁ?
スパムメール、コメントスパム、トラックバックスパム、などなど・・・頼んでもないのに営利目的のメールや、本文に関係のないコメント、いわゆる迷惑行為を指すものやけど、このページで扱うのは検索エンジンスパムと言われるものについてです。


ヤフー、グーグル等の検索エンジンから見て迷惑なサイトと言うことです。
自分のサイトを検索上位にするため、背景色と文字色を同じ色にして、検索語句やリンクを並べたり、metaタグやaltタグに本文と関係のないキーワードを数多く記述したりと言った、スパム行為と言われることをすると検索エンジンはスパムサイトとみなし、検索結果から除外することになります。


その他にもスパムサイトと見なされる基準は様々あります。まったく同じ内容のサイトが複数存在したり、一つのサイトに誘導するためだけのサイトであったり、乏しい内容なのに相互リンクだけやたら多いサイトなどです。ヤフーでは一例を載せてます。


ヤフー検索エンジンスパムとは?のページへ


検索エンジンスパムサイトに自分のサイトが一方的にリンクされた場合、自分のサイトもスパムサイトとみなされるのか?答えはNOです。


スパムサイトから勝手にリンクされても、大丈夫ですが、相互リンクとなると話は別です。


リンクは、いわばサイトを紹介するもので、紹介した先のサイトがスパムサイトなら、リンク元のサイトもスパムと見なされる可能性は大です。安易に相互リンクするのではなく、リンク先のサイトはどのようなサイトなのか考慮することも、SEOにとって大事ですね。


検索エンジンはスパムサイトを公表してませんから、明確にスパムサイトを見分けることは難しいですが、そのサイトがきちんとインデックスされてるかどうかをチェックするのは一つの目安ですね。インデックスに時間がかかったたりする場合もありますが、そのサイトのトップページをチェックすれば良いかと思います。方法はいたって簡単、ヤフーやグーグルの検索窓に


site:http://~サイトのトップページアドレス~


を入力して検索してみてください。 インデックスされてれば、検索結果にトップページタイトルが表示されます。インデックスされてないからと言ってスパムサイトとは限りませんが、そもそもインデックスされてないのに相互リンクしても意味ありません。
また、トップページのタイトルをそのまま検索窓に入力して検索した場合、検索結果が一番目に来ないサイトもスパムサイトである可能性があります。


スパムサイト全般の情報を共有し、公開してる
FC2ソーシャルスパム対策
といったサイトもあるんで参考になるかと思います。


相互リンクはSEO対策としては効果的ですが、発リンクに注意することも大切ですね。

この記事のトラックバックURL
http://korn77.blog116.fc2.com/tb.php/72-f8ecb138
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。