上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEO対策-相互リンクの注意点

検索エンジンのアルゴリズムは日進月歩、決して不変のものではないのでSEO対策も今行ってることが未来永劫OKと言うことは無いですが、ページ内リンク数について考えてみましょう。

SEO対策って?⇒SEO対策解説ページへ

SEO対策解説ページでもお話しましたが、一番重要なのは被リンク数。自分のサイトのアドレスがネット上に沢山あればあるほど検索順位も上がるってことです。


自分のサイトのアドレスが他のサイトに貼られる、即ちリンクされてることを被リンクと言いますが、被リンク数が多ければ多いほど良いというわけですね。


被リンク数を増やすにはどうしたら良いんでしょ?
有名なサイトやと、皆さんが「このサイトは良いじょ~」なんて紹介してリンクを貼り、被リンク数が勝手に増えるでしょう。
しかしそうでない場合、相互リンクで増やすのが手っ取り早いですね。
「あんたんとこのサイト、リンクしたから俺んとこのサイトもリンクしてね~」
ってな具合でお互いにサイトを紹介し合うわけです。


前置きが長くなりましたが(汗 相互リンクで注意しないといけないのはページ内リンク数です。
ページ内リンク数とは1ページにあるリンクの総数のことです。そのページのHTMLに<a>タグがいくつあるかってことですね。
ページ内リンク数が100以内であるWEBページと相互リンクしないとあまり意味がない
ってことなんです。


特にグーグルに言えることなんですが、相互リンクをしても自分のアドレスが貼られてるWEBページのページ内リンクが100以上であればそれほど効果はありません。
ページ内リンク数が100のサイトと10のサイト(自サイト内、外問わず)があるとします。100のサイトから被リンクされても100あるリンクのうちの一つなんで効果としては1/100。一方10のサイトに被リンクされると1/10の効果が得られる、100以上だとほぼ効果なし、基本的にはこのような考え方ですね。


相互リンクをする場合、自分のアドレスが貼られるページのサイト内リンク数を調べてからリンクするかどうかの判断材料にすると良いと思います♪


こちらのサイトでページ内リンク数を調べることができます⇒Su-Jineリンク数チェック


この記事のトラックバックURL
http://korn77.blog116.fc2.com/tb.php/275-861fbae5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。