上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

xhtmlって何? 基礎知識と注意点

WEBページは「HTML」もしくは「XHTML」という言語を使って記述します。「HTML」は『SGML』をベースに作成され、「HTML」は『XML』をベースにした言語です。「HTML」は1995年に標準規格になったんやけど、時代が進むに連れて『SGML』では様々なことに対応出来なくなってきたんです。そこで、より柔軟性のある言語として『XML』が生まれたんです。


ざっくり言うてしまうと「HTML」は旧バージョンで「XHTML」が新バージョンってことですね。
「XHTML」+「CSS」が世界基準であり、SEO的にも強いんです。


ご自分のWEBページが「HTML」で構成されてる場合は「XHTML」に移行するのが良いですし、これから始める場合は「XHTML」で構成した方が良いですね。具体的にはタグの一番最初に


<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">


と記述されてれば「XHTML」で構成されているということです。赤字の部分はそれぞれのバージョンによって違ってきます。
1行目の<?xml version=~>は省略されてることもあります。これは古いブラウザではキチっと表示されない事を避けるためなんですが、省略する場合は文字コードがUTF-8かUTF-16でなくてはなりません。それ以外は省略しないで記述しましょう。文字コードはhead内の


<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=shift_jis" />


ってとこの赤字部分が文字コードです。


ここからが重要なんでが、「XHTML」は「HTML」に比べて、記述方法が、より厳格になってるので間違うことが多いんです。次の事に気を付けてください。


全てのタグと要素名は小文字で書く
<H1> <P> はダメ。 <h1> <p> と小文字で。
全ての終了タグを省略しない
<p>テキスト はダメ。 <p>テキスト</p> と終了タグを入れる。
終了タグのない要素は開始タグ内で閉じる
<img src="~"> <br> はダメ。 <img src="~" /> <br /> と「半角スペース/」で閉じる。
属性値は「"」(ダブルクォーテーション)で囲む
width=50 はダメ。 width="50" と囲む。

ブログなんかのテンプレートは、最初から間違ってることもあるんで一度チェックしてみると良いかも知れませんね。

この記事のトラックバックURL
http://korn77.blog116.fc2.com/tb.php/256-3c6c76b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。