上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報商材詐欺に手を出さないために

「ほったらかしで月にウン百万稼ぐ方法」なんて最初書いてある縦に長ったらしいサイトを見かけますよね?あれが情報商材ってやつです。
「あと何名様まで」「申し込みの期限終了まであと○日」「今なら○円のところを格安で」等と書かれていますが、この様な記述があればまず疑ってください。心理学では常識の話ですが人の心を操るテクニックなんです。人間は期限を決められると興味を引かれます。時計カウンターを設置して
「サービス終了まであと○日○時間○分○秒」としてるのはより強調するためです。そして特に人数制限をされると人間は弱いんです。


¥39,000のところを¥12,000」  こういう記述も疑ってくださいね。
冷静になれば解ることなのですが、情報商材も商品ですから売れるならとことん売れる方がいいに決まってるんです。なんなら知らない人がいないぐらいに売れることが、その商材にブランドとしての価値がついて、そこから出る次の商材まで売れるんです。
しかも情報商材ですから、在庫などないんです。つまり売り切れと言う事態に陥らないんです。ならナゼ人数を制限するのでしょう?ナゼ期限を決める必要があるのでしょう?自信のある商材ならナゼ値下げをするのでしょう?
おのずと答えがでてきますよね。その商材は詐欺の可能性大です。


「この商材のおかげでウン千万円の車が手にはいりました」と購入者の喜びのコメントがありますが、その人はあなたの知人ですか?知人じゃなければサクラだと思って話半分で聞くべきです。


「月々いくらいくら振り込みがありました。」などといかにも証拠として画像を載せたりしてますが、あんなもん少し画像ソフトの知識があればものの5分で偽造できます。


もうこの地球に良い商材はないのか?・・・・ゴミのような商材が溢れる中、ほんのわずかの確率で良いと思える商材もあります。


ではどのように見極めるのかと言うと、まず記事は見なくてもいいです(笑)情報商材のサイトには大抵一番下に「特定商取引法に基づく記述」としてリンクしてあります。これが書いてないところは論外です。論外どころか違法になりますから。


そこを見ると決まり事であることが色々書いてありますが、販売者の名前、住所、電話番号、これがなければ100%詐欺です。これがあったからと言ってまだまだ安心してはダメですよ。
見るべきところは電話番号と全額返金保障の方法が明確に書かれているかということです。


電話番号ですが携帯なら避けたほうが良いです。足がつかずにいくらでも逃げれますから。
「電話対応はしていません。ご質問はメールで承ります。」 これもダメですね。こんなに詐欺まがいが多い世界で、本当に売りたいのならキチッと電話対応して当たり前です。


「この商材を使って利益がでなければ全額返金を保障します」 これもまったくダメです。
全然具体性がないですよね。まず、いついつまでに利益がでなければ、と言うふうに期限が書かれてないこと、そして○○円利益がでなければ、と言うふうに利益の金額が書かれてないことです。
上の記述なら1万円の商材を買って、1円でも利益が出たら彼らは返金に応じません。


今回はへそくりオヤジらしくなく、議題が議題だけに少し暗くなってしまいました^^;; 楽して儲かる話はゴロゴロしてません。 くれぐれも詐欺にあわないように。

この記事のトラックバックURL
http://korn77.blog116.fc2.com/tb.php/181-a036ddbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。