上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次世代青色LEDマウス レビュー

マウス

商売道具であるマウス、青色LED式の2機種を比較レビューしてみた。
レーザー式のマウスの上を行く次世代青色LED式、特徴は言わずもながどこでもマウス!
ガラス面、紙、布、プラスチック、光沢があろうとなかろうと何処でも使える。へそくりオヤジはこれまで光沢のある木材テープルの上でレーザー式のマウスを使用してたんやけど、テーブルはごちゃごちゃで(笑)雑誌の上や新聞の上でマウスを動かすこともしばしば(汗


そこで有線青色LEDマウスで5ボタン(左、右クリック、ホイールクリック、戻る、進むボダン)、チルトホイールの機能を備えた2機種、バッファローコクヨサプライBSMBU02マイクロソフト コンフォートマウス 4500を購入、比較してみた。
(無線はキライ、重いし電池交換とか面倒、感度優先なら有線で・・・なんつってw)


まず感度、めっちゃイイ!!卓上はもちろん、雑誌の上でもジーパンのふとももでも狙った所にカーソルがピタッ! 何これ~、レーザー式とはあきらかに違う感度良好!これは両機種ともバッチリで大差なし。これならどちらを選ぶかは好みの問題かなぁ。


ホイールに違いがありバッファローは「カチッカチッカチッ」っと引っ掛かりがあるタイプ。安物みたくカチカチ音は全くしない。「コロッコロッコロッ」って感じ。一方マイクロソフトは引っ掛かりが無く「ヌル~」って感じ。


左右クリックはバッファローは軽く、マイクロソフトは若干硬め。


進む、戻るボタンはバッファローが右側面に2つ。マイクロソフトは両側面タイプ。最近では常識?の進む、戻るボタン。ブラウザの左上なんかにある矢印アイコンの進む、戻るにカーソルを持っていかなくてもボタン一つ押すだけでOKってやつ。バッファロー、マイクロソフトとも少し硬めで押し間違いなくイイ感じ。


次に横スクロール。チルトホイールってやつでホイールを左右に傾けることによって横スクロールを行う機能。マイクロソフトはそのまま傾けることでOK。バッファローは右に傾けると→ のカーソルが表示されて左右にマウスを動かして操作。


マウスを選ぶ時の一番のポイントは自分の手に合った大きさの物を選ぶってことかと。上の図のサイズを見てもらえれば分るとおりバッファローが小さ目。ザックリ言ってしまえば、クリックの硬さからもバッファローが女性向きでマイクロソフトが男性向き。が、つまみ持ちをする人は男性でもマイクロソフトは大きく感じるかもです。つまみ持ちとはその名のとおりつまんだ感じで手のひらをマウスから浮かして持つ人。ピアノを弾く時みたいな感じかなぁ?!


へそくりオヤジは男にしては手が小さい方でつまみ持ちをするんですが、慣れればマイクロソフトも使いにくいってことないですね。ただ戻るボタン(デフォルトで右側面)が押しづらいかなぁ。


どちらのマウスもUSBに繋ぐだけで進む、戻るボタン、横スクロールが使えますし、ドライバをインストールすれば各ボタンに好きな設定もできます。


値段は色によって少し差がありますが1000円~2000円ってとこ。
↓価格一覧(アマゾン)

バッファローコクヨサプライ BSMBU02

マイクロソフトコンフォートマウス4500

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。