上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペラ キーボード操作に優れたブラウザ

昔から軽いブラウザとして有名なオペラ(opera)ですが、最大の特徴はキー操作ではないでしょうか。これを覚えておくと、とても使い勝手がいいんです。


オペラのダウンロードは⇒ブラウザオペラ(opera)のダウンロードページへ


例えばマウスを使わないでキーボード操作だけでネットサーフィンなんかする場合、リンククリックに困りますが、オペラの場合、「Shift」 + 矢印キーの「←」「 ↑」「 →」 「↓」で素早くリンク要素に移動出来て、「Enter」で別タブで開きます。
「Ctrl」+「W」で開いているページを閉じたり、「Ctrl」+「 →」で進む、「Ctrl」+「←」で戻る、などなど。数々のキーボードショートカットが用意されています。


詳しくは⇒オペラキーボードショートカット解説のページへ


ものすごい数のショートカットが用意されていて、へそくりオヤジは最初とまどいましたが(笑)よく使うのだけ覚えてればとっても便利!


んでもってマウスジェスチャーにも対応してるんで、マウス操作するユーザーにも便利なんです。マウスジェスチャーとはよく使うブラウザでの動作をマウスの動きですることができる機能。主に右クリックを使ってブラウザの動作をすることなんです。例えば


ブラウザの戻る⇒右クリックを押したままマウスを左に移動。
ブラウザの進む⇒右クリックを押したままマウスを右に移動。
新しいページを開く⇒右クリックを押したままマウスを下に移動。
開いているページを閉じる⇒右クリックを押したままマウスを下、右、とL字に移動。


このようにわざわざブラウザの戻るボタンや進むボタンにカーソルを移動することなく、右クリックを押したまま動かすことによって操作できるので、めっちゃ便利!最近のマウスでは、マウス自体に進むボタンや戻るボタンが付いてる物もありますが、マウスジェスチャーの方が操作しやすいかも?また、右クリックを押したままマウスをチョチョッと移動するだけで操作が出来るので、普段マウスの移動スペースがあまり無い方にも便利ですよぉ。他にも色々マウスジェスチャーが使えます。


詳しくは⇒オペラ マウスの使い方解説ページへ


デフォルトでも全然便利ですが、ショートカットキーもマウスジェスチャーも自分好みの設定にすることもできます。「ツール」⇒「設定」⇒「明細設定」⇒ショートカットより。


ブラウザは色々あって、きっとご自分にピッタリくるブラウザがあると思います。とりあえず何かに付けてIE(インターネットエクスプローラー)はダメダメなんで操作性に優れたオペラも選択肢に入れてみてください^^

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。