上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパムサイトと相互リンクの注意点

インターネットをしてるとスパムという言葉を聞いたことがあるんちゃうやろかぁ?
スパムメール、コメントスパム、トラックバックスパム、などなど・・・頼んでもないのに営利目的のメールや、本文に関係のないコメント、いわゆる迷惑行為を指すものやけど、このページで扱うのは検索エンジンスパムと言われるものについてです。


ヤフー、グーグル等の検索エンジンから見て迷惑なサイトと言うことです。
自分のサイトを検索上位にするため、背景色と文字色を同じ色にして、検索語句やリンクを並べたり、metaタグやaltタグに本文と関係のないキーワードを数多く記述したりと言った、スパム行為と言われることをすると検索エンジンはスパムサイトとみなし、検索結果から除外することになります。


その他にもスパムサイトと見なされる基準は様々あります。まったく同じ内容のサイトが複数存在したり、一つのサイトに誘導するためだけのサイトであったり、乏しい内容なのに相互リンクだけやたら多いサイトなどです。ヤフーでは一例を載せてます。


ヤフー検索エンジンスパムとは?のページへ


検索エンジンスパムサイトに自分のサイトが一方的にリンクされた場合、自分のサイトもスパムサイトとみなされるのか?答えはNOです。


スパムサイトから勝手にリンクされても、大丈夫ですが、相互リンクとなると話は別です。


リンクは、いわばサイトを紹介するもので、紹介した先のサイトがスパムサイトなら、リンク元のサイトもスパムと見なされる可能性は大です。安易に相互リンクするのではなく、リンク先のサイトはどのようなサイトなのか考慮することも、SEOにとって大事ですね。


検索エンジンはスパムサイトを公表してませんから、明確にスパムサイトを見分けることは難しいですが、そのサイトがきちんとインデックスされてるかどうかをチェックするのは一つの目安ですね。インデックスに時間がかかったたりする場合もありますが、そのサイトのトップページをチェックすれば良いかと思います。方法はいたって簡単、ヤフーやグーグルの検索窓に


site:http://~サイトのトップページアドレス~


を入力して検索してみてください。 インデックスされてれば、検索結果にトップページタイトルが表示されます。インデックスされてないからと言ってスパムサイトとは限りませんが、そもそもインデックスされてないのに相互リンクしても意味ありません。
また、トップページのタイトルをそのまま検索窓に入力して検索した場合、検索結果が一番目に来ないサイトもスパムサイトである可能性があります。


スパムサイト全般の情報を共有し、公開してる
FC2ソーシャルスパム対策
といったサイトもあるんで参考になるかと思います。


相互リンクはSEO対策としては効果的ですが、発リンクに注意することも大切ですね。

スポンサーサイト

SEO対策って何?自分で始めるSEO対策

SEOとは「Search Engine Optimization」の略です。ってなんのこっちゃ(笑)
噛み砕いて言うとヤフーやグーグル等の検索エンジンで自分のサイトを上位表示させるために対策を練ろうってことなんです。


皆さんは検索エンジンを利用する時、よく行っても、せいぜい4,5ページ目ぐらいまでしか見ないんじゃないでしょうか?せっかくがんばって良い記事を書いても、検索結果が下位に沈んでると誰にも見られないサイトになり、そうなるとサイト運営の気力もなくなって、挙句の果てには放置状態、と言った悪循環になりかねませんよね^^;


検索結果が上位表示されるためSEO対策専門の業者があるぐらい重要なことです。企業のサイトなら、いざ知らず、個人の趣味で運営してるサイトを業者に頼んで料金を払うには抵抗がありますよね。しかしワザワザ業者に頼まなくても、理屈が解れば自分で対策出来ます。


では、どのような方法で検索順位を決めているのか、それが理解できないと対策もできないですよね。まず、各検索エンジンにはクローラーと言われる検索エンジンロボットが24時間休み無しにインターネット上にあるサイトの情報を収集しています。
人間が視認するわけじゃなく、ロボットがサイト内部のHTML構造を見て情報を集めてるんです。


クローラーはサイトにあるリンクタグを辿って延々とネット上を巡回して行きます。そして情報を得たら、各検索エンジンのアルゴリズム(順位付けの方程式みたいなもん)にのっとって検索順位が決まるんです。


このアルゴリズムは、それぞれ検索エンジンの企業秘密ってやつで詳細までハッキリとは解りません。それは専門業者にとっても同じことです。また、このアルゴリズムは不変のものじゃなく、どんどん進化して行きます。そのため「あ~した方がええぞぉ」「イヤイヤ、こうした方がええねん」って真意の解らない情報が飛び交ったりします。


んでも必ずこうした方が有利ってこともあります。言わば、こうしたことがSEO対策の基本と言われることですね。


◆SEO対策の基本◆

  • サイトの被リンク数を増やす(クローラーはサイトのリンクを辿るので最も重要)
  • サブドメインが使えるサーバーを利用する(出来れば独自ドメインで)
  • サイトをフレームで構成しない(フレームだとクローラーが拾わない場合がある)
  • タイトルにキーワードを入れるように考える(キーワード=検索語句)
  • テキストは的確に、重要なキーワードは繰り返し使う
    (リンクさせる場合『こちらへ』等とは書かない。繰り返すと言っても自然に)
  • <h1>タグ、<meta name="description">タグ、にキーワードを入れるように考える
  • <strong>タグを効果的に使う(使い過ぎるとその分効果が薄れる。1ページに3個まで)
  • xhtml、外部CSSでサイトを構成する(SEOに強いとされてます)
  • 余計なタグは使わない(テーブルタグや空要素のタグをなくす)
  • <meta name="keywords">タグを入れる
    (入れすぎない。3~5個程度にする。*グーグルでは意味が無いとされてます)

以上、重要と思われる事から順に並べてみました。基本だからと言ってやりすぎるとスパムとみなされる事もあるので注意が必要です。被リンク数はやりすぎても(やられすぎても?)増えれば増えるほどいいと考えてください。あくまで被リンクであって相互リンクじゃないですよぉ。相互リンクもイッキに増えるとスパムとみなされる場合があります。


細かいことを言えば他にもまだまだテクニックはあります。そういった細かいことも、暇を見つけて書いて行こうと思いますが^^;;基本と思われる上記のことに気を付けるだけでもずい分と違ってくるはずです。


これは私見ですが、検索順位なんて所詮ロボットが決めたもんであって、SEO対策を駆使して上位表示されることもあるんで、本当に良いサイトが上位に来てるかなんて解ったもんじゃないです。あまりSEO対策ばかりに気をとられないで、訪問者の事を第一に考えて解り易く、的確なHTMLの文法で記述してればユーザーにとってもクローラーにとっても高評価に繋がるはずです。

無料解析ソフト リサーチアルチザン

サイトを運営する上でどんな人が自分のサイトに来てくれてるのかを把握しておくことは、とても大事なことです。サイトを立ち上げてアクセス数が増えてきたら解析ソフトを導入しましょう。


無料でおすすめなのはResearch Artisan - リサーチアルチザン
無料でここまで出来るのはたいしたもんです。一番良い点は煩わしくてうっとおしい広告タグが一切入らないところじゃないですかね~♪


無料の解析ソフトも数ありますが大抵は広告が入ってしまいます。「このサイトは解析ソフトをいれてますよ」って訪問者に明示したい場合は別ですが、そうで無い場合は百害あって一利なし^^;


機能面においても優れてます。
訪問時間、訪問者のOS、訪問者のブラウザ環境、訪問者IPアドレス、リンク元ページ、検索ワード(どのような検索語句によって訪問があったのか)、など基本的なことがリアルタイムで解ります。


訪問者のサイト内滞在時間や、サイト内にあるリンクの何処をクリックしたのか、と言ったサイト内での行動も把握することが出来るんです。


このようなことを把握してると、ユーザーは何を求めて訪問してくれたのかが明確になり、今後サイトの方向性を決める上でとても参考になるはずです。
ユーザーがどのようなことに興味があるのかが解れば、それに沿った内容の記事を増やして行けば、よりアクセスアップに繋がることになります。


インターネットでは訪問者の顔が見えない分、ともすればユーザーほったらかしで自己満足に陥りやすい一面があると思うんです。
「書きたいことを好きな用に書く!」それはそれである意味かっちょ良いと思いますが・・・・・^^;


*注* リサーチアルチザンは2010年5月28日でサービスが終了します。
上記した同じ機能が使えるリサーチアルチザンライト(Research Artisan Lite)は引き続き無料で使用可能ですが、サーバーにApache・PHP・MySQLといったものが動作する環境が必要です。
リサーチアルチザンライト(Research Artisan Lite)ダウンロードサイトへ»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。