上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エラーにならないための正しいimgタグの書き方

画像タグにおいて、注意すべきは2点。まず1点目はimgタグには「alt」を省略してはいけないということです。


<img src="画像のファイルURL" alt="画像の説明文" />


「alt」は何かの具合で画像が表示されなかった時、ここに入る説明文であるテキストが表示されるんです。また、検索エンジンロボットは当然何の画像か理解はできないので「alt」に入る説明文を読み取ります。 IEなど一部ブラウザではカーソルが乗っかるとポップアップ表示されます。SEO的にみてもユーザビリティ的にみてもとっても大事なんです。ただしなんでもかんでも意味のない画像にまで「alt」タグで説明するのは良くありません。例えば 

のような良くある矢印のアイコンにまで「altタグ」は不必要です。IEで観覧してるユーザーにはカーソルが乗るたびにポップアップされるので見た目にもうっとおしい^^;このような場合


<img src="画像のファイルURL" alt="" />


というふうに「alt」の中を空にして記述するのが良い書き方です。画像タグには必ず「alt」が必要ってことを覚えときましょう。


もう一点、xhtml文書ではimgタグのように終了タグのない要素は開始タグの末尾で「/」を半角スペースを入れて閉じないとダメってことです。具体的には


<img src="画像のファイルURL" alt="画像の説明文" />


ブログの共有テンプレート等では元から間違ってるの有るんで一度チェックした方が良いかもです。せっかくSEOに強いとされるxhtmlで構成しても、文法上大きなエラーを出してしまう書き方をしていたら元も子もないですからね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。